February 23, 2022

オンラインコミュティの広がり

共通した目的を持った人々がオンライン上でコミュニケーションをとるケースが増えてきました。

Twitter、Facebook、InstgramなどのSNSが普及し、オンラインでの関わりが強くなったことや、2020年以降のコロナ過における行動制限などもあり、オンラインコミュニティに対する需要は拡大傾向にあります。

今回、品川シーズンテラスが主催する品テクmeetup vol18においてRemoの日本支社Country Leadの千綿が登壇し、「Remoから見た2022年以降のオンラインコミュニティの運営」と題してオンラインコミュティの分類とそれぞれの特徴や課題と傾向、Remoにおける事例などをご紹介させていただきました。

オンラインコミュニティの種類

画像を拡大表示

オンラインコミュニティはTight(親密な関係) / Loose(ゆるい関係)の軸とFormal(フォーマルな雰囲気) / Casual(カジュアルな雰囲気)の軸で4種類に分類されます。

Tight(親密な関係) / Casual(カジュアルな雰囲気)

オンラインコミュニティの第1パターンはTight(親密な関係) / Casual(カジュアルな雰囲気)です。この分類に属するコミュニティの種類は家族・親戚や友人関係などがあてはまります。

この分類に属するオンラインコミュニティはコロナ過においても可能な限り実際に対面で交流する傾向がある、国境を越えた友人との交流はSNSを通して行われるといった特徴があります。

LINEやFacetimeなどのスマホ上のアプリやFacebookなどSNSなどの無料ツールが充実しており、すでにこの分類に属するコミュニティは積極的にオンラインでコミュニケーションをとっており、今後もリモートワークの進展でより重要視されるコミュニティであることが予測されます。

Tight(親密な関係) / Casual(カジュアルな雰囲気)のRemoにおける事例

オンラインでの国際結婚式
画像を拡大表示

コロナで帰国できなくなった国際結婚カップルがRemoを利用したオンライン国際ウェディングパーティーを開催いたしました。

  • テーブル席を利用して好きなタイミングに参加者同士で交流
  • コロナ下でも国境を越えた結婚式の開催が可能
  • Remoを通じて各テーブル席でゲームや質問コーナーを実施

オンラインでの結婚パーティ
画像を拡大表示

国内でもコロナ過においては大勢が一か所に集まる結婚式のようなイベントを挙行するのが難しく、その代替手段としてRemoを使った結婚式が行われました。

  • 遠く離れた親族もワンクリックで参加可能
  • 司会と同時進行で、チャットで参加者同士が気軽に会話
  • オンラインだからこそできるクイズ大会で盛り上げ

Tight(親密な関係) / Formal(フォーマルな雰囲気)

オンラインコミュニティの第2パターンはTight / Formalです。この分類に属するコミュニティの種類は職場全体や所属部署などのビジネスユース、同窓会などがあてはまります。

この分類に属するオンラインコミュニティはリモートワークの推進によりオンラインでの関わりがさらに強くなっているコミュニティです。対面で会うためにオフィスを持つことに対する費用対効果の意識が高まっており、オンラインでできることはオンラインへの移行が進んでいる分野です。

特に大人数で集まらなければいけないイベントやそのイベントに参加するために各地方の支社から本社に集まるようなイベントの場合は、感染予防のため、オンラインに切り替えられている傾向があります。また日常業務においても上手にツールを使いこなしながら、通勤時間を削減することなどにより業務効率化を図っている、などの傾向がこのコミュニティで見られます。

Tight(親密な関係) / Formal(フォーマルな雰囲気)のRemoにおける事例

学生と次世代のスタートアップが交流できる採用イベント
画像を拡大表示

全国の学生が丸の内・大手町の急成長スタートアップと出会うためのオンラインミートアップイベントがRemoを通して開催されました。

  • Remoの2Dマップによるテーブル席を用意したネットワーキング実施
  • ラウンドテーブル形式での各企業のプレゼンテーションを実施

大学のオープンキャンパス
画像を拡大表示

またRemoではオンラインでの大学オープンキャンパスも実施されております。

  • 学部の紹介や研究の紹介コンテンツをオンラインで配信
  • 学生や教授との交流をRemo で実施
  • テーブル席にて生徒達との個別進学相談
画像を拡大表示

Remoを使った大規模な社員の交流するオンライン社内イベント。

  • フードデリバリー(ノンピ)と併用し、オンラインでお食事会
  • お家で簡単に誰でも参加できるオンライン借り物ゲームを実施
  • ヨガのインストラクターやマジシャンを招いてオンラインヨガレッスンやマジック教育室も実施


Loose(ゆるい関係) / Formal(フォーマルな雰囲気)

オンラインコミュニティの第3パターンはLoose / Formalです。この分類に属するコミュニティの種類はユーザーコミュニティ、労働組合、異業者交流、業界団体などがあてはまります。

この分類に属するオンラインコミュニティは参加が強制ではないため、また頻繁に行われるわけではないので、オンライン化することにより参加のハードルが下がる、といった特徴があります。

逆の視点だとイベント開催時の盛り上がりに欠けることが課題であり、オンラインコミュニケーションではありがちの一方的なコミュニケーションではなく、双方感を出し、参加者の当事者意識、積極性を生み出すことがコミュニティ運営のカギとなります。

またこの分類に属するコミュニティは国際的な団体とのコミュニケーションをとる機会もあるため、オンラインコミュニケーションにシフトすることにより、交通費などのコストカットにつながるメリットもあります。

Loose(ゆるい関係) / Formal(フォーマルな雰囲気)のRemoにおける事例

オンライン物産展
画像を拡大表示

Remoを通して神戸の「食」を味わえる物産展をオンラインで

  • 全国・世界から参加者が神戸の職を体験できるよう、明天と交流しながら購入できるオンラインイベント
  • マルシェのような 「臨場感」「賑わい」を感じられるイベントに設定
  • 各テーブルにて参加者と名店の方々と気軽に交流も可能

スタートアップのユーザーコミュニティ運営
画像を拡大表示

Remoによるスタートアップのユーザーコミュニティ運営を通してユーザーの定着を目指す

  • ネットワーキングを通じてAIに詳しい人や詳しくない人たちが気軽に交流でき、学べる勉強会
  • お互いに情報交換ができるようプレゼンテーションを実施

オンラインオフィス
画像を拡大表示

銀行が顧客ベンチャー企業に対してオンラインオフィスを提供

  • オンラインオフィスのように誰もが気軽に会話できる環境
  • プレゼンテーションモード中のチャットでアイディアを簡単に交換
  • 初めてお会いする方達にも気軽にネットワーキングできる環境


Loose(ゆるい関係) / Casual

オンラインコミュニティの第4パターンはLoose / Casualです。この分類に属するコミュニティの種類は趣味、オンラインサロン、ユーザーコミュニティ、異業種交流会などがあてはまります。

この分類に属するオンラインコミュニティは仕事よりかはプライベート寄りに位置する最も偶然の出会いを求める領域となります。参加者同士のつながりもゆるく深化させにくい、地理的な制限に縛られず出会いを生み出せる利点がある、などの特徴があります

これらのコミュニティ運営でビジネスを拡大させようとしている業界が多数存在しています。また参加者のイベントに対するコミットメントを得られにくいため、主催者がツールを駆使して上手にイベントを盛り上げる必要があるという課題があります。


Loose(ゆるい関係) / Casual(カジュアルな雰囲気)のRemoにおける事例

オンライン婚活イベント
画像を拡大表示

コロナ過でも恋愛をあきらめたくない方向けにRemoオンラインを使ったオンライン婚活イベントが行われました。

  • 気になった参加者と気軽にテーブル内で会話可能
  • まるで対面で会っているかのような、リアルな交流体験
  • プロフィール機能で連絡先も簡単に交換

バーチャル交流会
画像を拡大表示
  • テーブル席をカスタマイズして参加者が気軽に交流できるようテーマブース化
  • 名刺交換から連絡先の交換まで気軽に可能

占いフェス
画像を拡大表示

Remoの2Dマップによるテーブル席を利用したオンラインならではの占いフェス

  • 自由にテーブル席を移動でき、気になる全国の占い師さんに相談可能

これまでオンラインコミュニティの種類と事例を見てきました。コロナ過において対面で会うことの価値は大きく変わりました。今後コロナの影響が少なくなったとしても、オンラインコミュニティはそのコミュニティの種類や目的によって継続して運営されるでしょう。

このオンラインコミュニティのニーズに対してRemoを含めたオンラインコミュニケーションツールは柔軟に対応しており、今後さらにそのユーザビリティは高まっていくでしょう。

今後Remoのようなオンラインコミュニケーションツールを駆使することにより、ビジネスだけではなくプライベートを含めたコミュニケーションのニーズに対応していくことが今後ますます重要になっていくと予測されます。
Remoにご関心がある方は是非こちらのリンクよりお問い合わせください。


記事一覧
次の記事

まずはRemoの無料版で試してみませんか?

Freeプラン実施中