コロナ下でも社員の一体感を実現したファミリーデーでRemoを活用したデンソーの話

コロナ禍で、イベント開催が難しい中、Remoはオンラインでもイベント感を味わえる、体験できるUXであり、そこが魅力だと思います。 また全社イベントからバーチャルオフィスなどでも活用できるところも嬉しい点。 利用者がテーブル内で会話できたり、好きな場所に自ら移動でき、自由度が高いところも楽しんでいただけるポイントかと思います。

体験談
小坂 優子さん
総務部 総務企画室
正木 恵美さん
総務部 総務企画室
用途
懇親会
大型オンラインイベント
ファミリーデー

(左から、総務部 総務企画室 正木さん、総務部 総務企画室 小坂さん)

社員の会社に対するエンゲージメントやロイヤリティを高める手段としてファミリーデーなどの大型社内イベントを開催することは大変有効的な手段となっております。しかし、コロナウイルスの流行により今までオフラインで開催していた当該イベントもオンラインでの開催を余儀なくされ、慣れない開催方法に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

本WebinarではRemoを活用した株式会社デンソーのファミリーデーの事例を紹介し、全国複数拠点に広まる当社の社内イベント成功の秘訣についてご登壇いただきました。

1. Remo活用に至った背景

デンソーファミリーデー(以下、DFD)は25年にも渡り開催されているデンソーの社員家族向けイベントです。以下の目的で毎年開催されております。

  1. デンソーに対する社員家族の理解促進
  2. 職場(社員)と家族のコミュニケーションの充実
  3. 次世代の「モノづくりに」に対する意識啓発

しかし、昨年はコロナウイルスの影響によりオンライン開催を余儀なくされました。そこでコロナ禍でもデジタルツールを上手く活用し、魅力あるイベントを開催すべくRemoの利用をご選択いただきました。

2. フロアプランやマニュアルに関する工夫

社員やその家族である参加者が慣れないツールを利用するため、運用パンフレットやフロア内のバナーに必要な情報を格納するなど、随所に工夫されていることが見受けられました。

3. コンテンツはRemoのホワイトボード機能(Miro)に集中

子供向けのお絵描きコーナーやクラフト体験、会社の取り組みの紹介資料などはホワイトボード機能上に集約しました。今回のイベントでは約16もの部署に参加・協力いただき、各部署で手分けをしてホワイトボード上に掲載するコンテンツの準備を行い、準備の分散化をされたそうです。

4. 開催中の運用体制やプロジェクトマネジメント

Remo利用における混乱を防ぐこと、運営スタッフの負荷を最小限にすることを念頭に次のような体制及びスケジュールで今回のイベントは実施しております。

5. 開催してみた感想

822家族が参加する大型イベントとなり、総合満足度は80%を超える高いものとなりました。本イベントの特徴としては:

  • 様々な地域・拠点、遠方から参加いただけたこと
  • 幅広い年齢層の方々に参加いただけたこと
  • 社員のご家族だけでも気軽に参加できたこと

があります。今後の開催に向けてはコロナが落ち着き次第、オンライン、オフラインのハイブリッド開催を目指し、今後もRemoを活用した施策が検討されているとのことです。

Remo体験会のご案内

本イベントのような大型のイベントや複数拠点に跨るイベントを是非ともRemoで開催してみませんか?Remoでは毎週製品の体験会を開催しております。是非ともご体験いただけますと幸いです。